nlpのトレーナーになろう|今注目のメンタルトレーナー!

レディー

障害のある人をサポート

女性

言語聴覚士は、何らかの理由で言葉が話しにくくなったり言葉が聞こえにくくなった人をサポートする役割を持ちます。言語聴覚士は、リハビリセンターや病院また特別支援学校など幅広く必要とされています。言語聴覚士になるには、高校卒業後に大学や専門学校で言語聴覚士の養成課程を学び、国家試験を受けると良いでしょう。大学は福祉大学を選び、言語聴覚士を数多く出しているか事前に確認しておくことが大切です。また、社会で働きながら目指す人は夜間学校などを利用するのも手です。言語聴覚士は医学的な専門職なので、指定を受けている学校で学ぶことが言語聴覚士を受験する上で大前提となっています。ですので、通信講座や独学だけでは言語聴覚士にはなれません。

言葉が不自由になる理由として、加齢が原因であったり、先天的な発達障害であったり、また事故などで失語症になったりと様々です。子供に対しても老人に対してもきちんと優しくコミュニケーションを取れる技術が必要です。また、聴力を確認したり補聴器を調整したりする医学的な技術も必要で、リハビリも指導しなければなりません。話したり聞こえたりできない人たちの気持ちを察するために、彼らの一挙手一投足からメッセージを受け取れる観察力や注意深さも重要です。言語聴覚士はコトバの問題に対処することが主な仕事ですが、食べ物を上手く飲み込めない人やむせてしまう人たちをサポートするのも大きな仕事です。現在は高齢化社会で老人ホームなども増え、ますます言語聴覚士のニーズが高まっています。